おちょやん:なぜ千代の周りはダメ人間ばかり? 「人の優しさ」を描く、脚本家が作品に込めた思い

 杉咲花さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おちょやん」(総合、月~土曜午前8時ほか)の最終週「今日もええ天気や」が、5月10日から始まる。ヒロイン・千代(杉咲さん)が、喜劇女優として成長する姿を描いてきた本作だが、これまでに“最低の父”テルヲ(トータス松本さん)によって奉公に出されたり、夫・一平(成田凌さん)に浮気されるなど、幾多の困難を乗り越えてきたことも、視聴者から大きな反響を呼んでいる。本作で一番描きたかったのは「人の優しさ」だという脚本の八津弘幸さんに、作品に込めた思いを聞いた。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました