蒔田彩珠:気鋭の若手女優の意外な素顔 「大きかった」是枝裕和監督との出会い 一番大事にしたい「楽しさ」

 動画配信サービス「Hulu(フールー)」のオリジナルドラマ「息をひそめて」に出演している蒔田彩珠(まきた・あじゅ)さん。コロナ禍の2020年を舞台に、多摩川沿いに暮らす人々のささやかな日常を描くオムニバスで、第4話に登場する三隅夕河を演じた。2012年の連続ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」(関西テレビ・フジテレビ系)を皮切りに数々の是枝裕和監督作品に起用され、昨年公開の映画「朝が来る」(河瀬直美監督)で、第44回日本アカデミー賞新人俳優賞、第94回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞などに輝いた、気鋭の若手女優だ。人には言えない何かを抱えた役が多いイメージの蒔田さんだが、この春、高校を卒業したばかりの18歳の素顔とは? 「演じることが楽しいってことを忘れたくない。楽しむ気持ちを一番大事にしたい」との思いで演技と向き合う蒔田さんに話を聞いた。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました