N.Flyingキム・ジェヒョン:「きみセカ」“ミンジュンロス”は「自分にとって特別な言葉」 初の日本ソロ活動で「大きな愛いただいた」 

 今年1月期に日本テレビでシーズン1が放送され、3月21日~4月25日にオンライン動画配信サービス「Hulu(フールー)」でシーズン2が展開した連続ドラマ「君と世界が終わる日に」。“生ける屍(しかばね)=ゴーレム”が出現した終末世界が舞台のサバイバルラブストーリーで存在感を示したのが、韓国の人気バンド「N.Flying(エヌフライング)」のキム・ジェヒョンさんだ。ジェヒョンさんはシーズン1で、心優しき青年ユン・ミンジュンを好演。ゴーレムの餌食となった後には、視聴者の間で“ミンジュンロス”が起こるなど反響を呼んだ。こうした盛り上がりについて、ジェヒョンさんは「『ミンジュンロス』という言葉が自分にとってすごく特別な言葉になった」と語る。演じた役柄への思いや、共演者とのエピソードなど、本作への出演を振り返ってもらった。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました