やくならマグカップも:“立役者”が語るアニメ化の裏側 多治見への思い

 岐阜県多治見市が舞台で、伝統工芸品・美濃焼がテーマのフリーコミックが原作のテレビアニメ「やくならマグカップも(やくも)」(CBCテレビ、BS11、TOKYO MX、MBS、AT-Xで放送中)。原作は、2010年に多治見の有志や企業が集まり、プロジェクトが始動。2012年から地元IT企業のプラネットがフリーコミックを発行している。アニメ化は、日本アニメーションの石田祐貴さんが企画したところから始まった。石田さんは多治見出身で、同作の制作進行を担当。「やくも」への愛を企画会議でぶつけたという。アニメ化の立役者となった石田さん、日本アニメーションの手塚健一プロデューサーにアニメ化の裏側、アニメへの思いを聞いた。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました