南沙良:「ドラゴン桜」で“明るさの壁”突破に挑む 素顔は「制服姿が恥ずかしい」?

 4月25日からTBSの「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で始まる連続ドラマ「ドラゴン桜」。本作は“落ちこぼれ”の高校生たちが東大入学を目指し成長していく物語で、劇中には東大入学のためのクラスとして“東大専科”が登場する。そこに加わることになる生徒の一人・早瀬菜緒を演じるのが、女優の南沙良さん(18)だ。南さんは今作が民放連ドラ初出演となり、自身とは真逆だという明るい役どころで“壁”突破に挑む。「自分の中の一番明るい部分を引っ張り出して頑張っています」と語る撮影の様子や、共演者の印象、20歳に向けての目標などを聞いた。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました