湯浅政明監督:「日本沈没2020」に込めた思い 劇場編集版の変化 「どうにもできない」問題を「問い続けていきたい」

 小松左京さんのSF小説「日本沈没」が原作のアニメ「日本沈没2020」の劇場編集版「日本沈没2020 劇場編集版 -シズマヌキボウ-」(湯浅政明監督)の舞台あいさつが11月15日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京都港区)で開催され、湯浅監督が登場した。「日本沈没2020」はNetflixで配信中のアニメで、湯浅監督が全10話を劇場編集版として再構築した。Netflixで配信がスタートすると、賛否両論、さまざまな意見がネットにあふれた。舞台あいさつでは、湯浅監督が、配信中のアニメ、劇場編集版に込めた思いを明かした。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました