林遣都:“カメレオン”ではない“人間力”の背景は “当て書き”でいや増す熱量

 女優の有村架純さん主演の連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で、“ある秘密”を抱える吉岡真人を丁寧に演じている俳優の林遣都さん。目に涙をためて悔しがる表情から、有村さん演じる桃子からのメールに表情を一変させ笑顔になるという第3話での迫真の演技に、SNSで「引き込まれる演技…」「林遣都劇場!」といった絶賛の声が上がった。ナイーブな青年から不良キャラ、はたまた“なにわの商人(あきんど)”に一人3役まで、さまざまな役を演じてきた林さん。どんな役にも林さんならではの要素が込められており、いわゆる“カメレオン俳優”といった言葉とも一線を画した魅力の背景を探った。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました