中村蒼:「エール」鉄男役“完走”に心から安堵 朝ドラ後も「恥をかくことを恐れず」俳優業まい進

 窪田正孝さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」(総合、月~土曜午前8時ほか)に、主人公・古山裕一(窪田さん)の幼なじみ・村野鉄男役で出演してきた中村蒼さん。今回が初の朝ドラで、昨年10月にクランクインすると、コロナ禍を乗り越え、10月末のクランクアップの日まで、情に厚く男らしい鉄男を演じきった。「心から無事に終わって良かったなと思いました。本当にいろいろなことがありまして、僕のような立ち位置の人間でも、精神的にくることもありました」と素直に心境を明かす中村さん。また、今年3月に29歳の誕生日を迎え、20代最後の1年の半分以上を「エール」の鉄男と並走した中村さんに、撮影の日々を振り返ると共に、今後の俳優業への思いを語ってもらった。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました