麒麟がくる:信長キックの舞台裏 光秀の命を賭した説得は「間」を意識 担当演出感じた“円熟味”

 俳優の長谷川博己さん主演のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(総合、日曜午後8時ほか)第31回「逃げよ信長」が11月8日に放送された。同回では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリアさん)を討つため、金ケ崎まで攻め込むも、浅井長政(金井浩人さん)の裏切りにより撤退を余儀なくされた信長(染谷将太さん)が、怒りをあらわにするシーンがあった。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました