監察医 朝顔:母の死と向き合った上野樹里“朝顔”の“成長”振り返る 第2シーズンの見どころは…

 女優の上野樹里さん主演のフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(月曜午後9時)が11月2日、スタートする。2019年7月期に放送された第1シーズンでは、新米法医学者の万木朝顔(上野さん)と、朝顔の父でベテラン刑事の万木平(時任三郎さん)がかたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かす姿を描いた。東日本大震災で母を亡くした穴を埋めるかのように肩を寄せ合う父娘が、笑顔と涙を繰り返す中で、朝顔と刑事の桑原真也(風間俊介さん)との結婚、一人娘のつぐみ(加藤柚凪ちゃん)の誕生を経て新たな家族を作り、家族とともに少しずつ悲しみを乗り越え、成長していく姿が、視聴者に大きな感動を呼んだ。第1シーズンを振り返りつつ、2クールで放送される今作の見どころを紹介する。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました