深田恭子:「神様、もう少しだけ」“育ての親”が語る魅力 「ルパンの娘」で見せる唯一無二の“味”

 10月15日にスタートした連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)で主人公の三雲華を好演している深田恭子さん。ドラマは、映画「翔んで埼玉」で第43回日本アカデミー賞の「最優秀監督賞」を受賞した武内英樹監督が手掛けており、武内監督といえば、深田さんが女優として一気に開花した1998年放送の連続ドラマ「神様、もう少しだけ」(同局系)も手掛けていた。当時、深田さんの演技指導を行ったと語る武内監督に“女優・深田恭子”の魅力について、改めて聞いた。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました