木戸衣吹:「どうにかなる日々」で初“人間の男の子” 「気持ち」意識

 「放浪息子」「青い花」などの志村貴子さんのマンガが原作の劇場版アニメ「どうにかなる日々」(佐藤卓哉監督)の舞台あいさつが10月24日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催され、声優の木戸衣吹さんらが登場した。男の子のしんちゃんを演じた木戸さんは「人間の男の子の役は初めてです。小学生と中学生の演じ分けなくちゃいけないので、最初は悩んでいましたが、監督から『気持ちを作って演じては?』というお話があり、気持ちを作ることを意識しました」と語った。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました