木村佳乃:19年ぶりTBS連ドラ主演 “嫁”から“母”へ 「時の流れを感じます」

 10月23日からスタートする女優の木村佳乃さんの主演ドラマ「恋する母たち」(TBS系、金曜午後10時)の制作発表会見が17日、東京都内で行われ、木村さんらキャストが出席。木村さんが同局の連続ドラマで主演を担当するのは、2001年に放送された「嫁はミツボシ。」以来、約19年ぶり。MCの江藤愛アナウンサーが嫁役から母親役になったと説明すると、木村さんは「ははは! 時の流れを感じます(笑い)」と笑顔で話していた。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました