唐沢寿明:年齢を重ねて変化したもの “経験と余裕”で「役に対する理解が深まった」 「24 JAPAN」で日本版ジャック・バウアーに

 テレビ朝日開局60周年記念連続ドラマ「24 JAPAN」で主演を務める俳優の唐沢寿明さん。同作は米人気ドラマ「24-TWENTY FOUR-」の日本版リメーク作品で、唐沢さんはオリジナル版のジャック・バウアーにあたる主人公のCTU第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどう・げんば)を演じる。唐沢さんといえば、これまでアクションもこなせるベテラン俳優として、数々の人気作品で主演や主要キャラクターを演じてきた。今作では「若いときと違って、努力しないとだめ」と、動ける体を作るためハードなトレーニングを課したというが、一方では年齢と経験を重ねたことで得たものもあるという。唐沢さんに俳優としての今の思いや今後のビジョンなどを聞いた。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました