ルパンの娘:作品彩る“真面目さ”と“遊び心” 話題のミュージカルシーン、オマージュへの思いも  武内英樹監督が語る制作の裏側

 女優の深田恭子さんが主演を務める連続ドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系、木曜午後10時)の続編が10月15日、スタートする。2019年に放送された前作では、代々泥棒を家業としている「Lの一族」の娘・三雲華(深田さん)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史さん)との許されないラブストーリーを軸に、コミカルな会話劇、派手なアクション、名作のオマージュシーン、泥棒スーツといったガジェットなども話題となった。「真面目さと遊び心の温度差が、このドラマの味」と語る、武内英樹監督に改めて作品の魅力と、続編の見どころについて聞いた。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました