玉木宏:40歳迎え明かす、年を重ねる“緊張感” 今後は「人間として積み重ねる時間を大事に」 

 俳優の玉木宏さんが主演を務める、連続ドラマ「極主夫道」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)が、10月11日からスタートする。玉木さん演じる、かつて「不死身の龍」と言われた元極道の“こわもて”専業主夫・龍が、家族や町の平和を守る姿を描くヒューマンコメディーで、玉木さんは「全体を通して笑っていただけるような作品への出演は久しぶり」だと話す。そんな玉木さんに撮影の様子をはじめ、40歳を迎えた今、「人間として積み重ねてきた時間」が大事だと語る俳優としての思いを聞いた。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました