村川絵梨:朝ドラヒロインから15年の“境地” 日本酒プロデュース、30代…「自分の“間取り”が分かってきた」

 日本酒の「 利酒(きき)師」の資格を持つ女優・村川絵梨さんが10月4日、33歳の誕生日に合わせて、金沢市の老舗酒蔵「福光屋」と共同でプロデュースした日本酒「えりごのみ 104 純米大吟醸」を発売した。共同とは言え、お酒の味はもちろん、ボトルのサイズ感、商品ロゴやラベルのデザインなどといったディティールまで、村川さんのこだわりが形になった逸品だ。村川さんと言えば、2005年度後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「風のハルカ」のヒロイン・ハルカ役で注目され、以降、数々の作品に出演。吉沢亮さん主演の2021年大河ドラマ「青天を衝(つ)け」では、主人公・渋沢栄一(吉沢さん)の姉・渋沢なかを演じることが発表されている。もともとお酒が好きで、今回の日本酒プロデュースは「とても自然な流れだった」という村川さんに、朝ドラヒロインから15年がたち、年齢的にも30歳を超えた、今の思いを聞いた。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました