注目ドラマ紹介:「35歳の少女」柴咲コウが25年ぶりに目覚める… 5年ぶり民放連ドラ主演で遊川和彦と再タッグ

 女優の柴咲コウさん主演の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系、土曜午後10時)が10月10日に始まる。脚本は遊川和彦さんが担当。柴咲さんは、2015年1月期放送の同局「〇〇妻」以来、約5年ぶりの地上波民放連ドラ主演。「〇〇妻」の脚本を担当した遊川さんと再タッグを組む。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました