エドガー・ライト、無声映画時代の女優の幽霊を描く新作「Stage 13」を監督

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

          エドガー・ライト監督 Photo by David M. Benett/Dave Benett/WireImage/Getty Images
「ベイビー・ドライバー」のエドガー・ライト監督が、米アンブリン・パートナーズ製作の新作「Stage 13」を監督することがわかった。米Deadlineによれば、本作はコメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」脚本家で作家のサイモン・リッチが、自身の同名短編をもとに脚本を執筆する。ある撮影スタジオに何十年も住み着いている無声映画時代の女優の幽霊を描く物語で、悩みを抱えている監督とこの幽霊が出会い、思いがけず意気投合したふたりは、ヒット作を一緒に撮ろうと協力し合う 全文
映画.com 08月01日12時30分

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました