モトーラ世理奈主演「風の電話」ベルリン国際映画祭に正式出品!


          実在する「風の電話」がモチーフになった (C)2020 映画「風の電話」製作委員会
モトーラ世理奈が主演する「風の電話」が、2月20~3月1日(現地時間)に開催される第70回ベルリン国際映画祭「ジェネレーション部門」に正式出品されることが決定した。本作のモチーフとなったのは、2011年にガーデンデザイナーの佐々木格氏が「死別した従兄弟ともう一度話したい」という思いから自宅の庭に設置した“風の電話”。東日本大震災以降、今は会えない家族や友人に心で話すことができる風の電話には、3万人を超える人々が訪れている。映画では、東日本大震災で家族を 全文
映画.com 01月22日21時00分

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました