『蜜蜂と遠雷』毎日映画コンクールで日本映画大賞!最多タイ3冠


映画『蜜蜂と遠雷』より
 - (C)2019映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
第74回毎日映画コンクールの受賞結果が発表され、松岡茉優主演の『蜜蜂と遠雷』が日本映画大賞、監督賞(石川慶)、スポニチグランプリ新人賞(鈴鹿央士)の最多3冠という結果になった。稲垣吾郎主演の『半世界』が、女優助演賞、脚本賞、録音賞でタイとなる3冠を獲得した。対象作品は、2019年1月1日から12月31日までに国内で14日間以上劇場公開された映画(アニメーション、ドキュメンタリーは完成または上映した作品)。日本映画大賞に輝いた『蜜蜂と遠雷』は、直木賞と本屋大賞 全文
シネマトゥデイ 01月22日05時00分

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました